松尾設計
トップページ
作品紹介
松尾強のご紹介
ご相談窓口
家・店舗作りの流れ
概要・お問い合わせ
トップページ >> 家・店舗作りの流れ
家・店舗作りの流れ

打合せ・相談

まずはご連絡下さい。
ファーストコンタクトはメールや電話という場合が多いですが、家づくりでは、建主と建築家とがお互いの価値観をすり合わせ、一から住まいを立ち上げていくわけですから、実際に会ってみることが大切です。

現地調査

面談後、敷地を見て、現地の状況や法規関係を確認します。これが基本設計への下準備となっていきます。

設計・契約

何度か面談を重ね、イメージやラフプランなども交えながら、お互いが信頼できる相手であることを確認した上で、契約を結びます。

基本設計

基本設計とは、建主の希望を実現しながらも、安全性・快適性・環境などに配慮して構想を練り、建築の規模や形を決定し、それらをまとめていきます。

実施設計

基本設計の構想をもとに、さらに建主との打合せを重ね、詳細な図面や仕様書などを作成していきます。実施設計では、建物の構造や設備だけでなく材料も決定します。これによって、予算オーバーにならないように、材質を変更するなどの金銭面での詳しい話ができます。

見積・業者選定・工事契約

実施設計の図面をもとに見積りが検討されます。何社かに見積りを出してもらい、業者を選びます。建築家は、第三者の目から冷静な立場で、見積書のチェックと各業者の得意とする工事内容などを検討しながら建主に助言をします。業者を決定し、建主と業者の間の権利と義務を明確にする工事請負契約を結びます。

法的手続き

家を建てるには確認申請が必要です。日本には建築基準法という法律があり、その法令に従わないと、建築できないことになっています。具体的には、設計図書などをそろえて、役所に申請すると、3週間くらいで確認済証が交付され、それから晴れて着工となります。

着工

家を建てる前に、まず工事が無事完了することを願って、神主に敷地のお祓いをしてもらう地鎮祭を行います。このときは建主・設計者・施工者など工事関係者も一緒に参加します。

上棟

建物本体の工事は基礎工事から始まります。この基礎の上に建物の構造部分をつくるのが躯体工事です。この後に上棟式を行って、工事の無事を祈り、関係者をねぎらいます。また、必要に応じて役所の中間検査などもあります。

引渡し

工事工程最後に役所の完了検査を行います。これで現場の工事は完了し、施工者からカギを受け取って、建物の引渡しの手続きをします。